わたしの大人女子日記

ぼっち&部活動を極めた10代、おしゃれや人生に悩みつつ歩んでいる20代←今ココ!

断捨離の最難関「思い出の品」の処分にチャレンジした!

去年の冬から部屋の片付けに目覚めて、かなり物を減らすのに成功。

ですが、思い出の品をたくさん残していることに気が付きました。

そこで思い切って思い出の品を中心に断捨離してみました!

近藤麻理恵さんの片付けメソッドで最も難しいとされるのが「思い出の品の処分」。

確かに難しい!

学生時代にもらった寄せ書きや手紙、使い切った手帳や懐かしのプリ帳まで丁寧に保存していました。

半年前には「これは捨てたくない!」と思ったのでしょう。

でも今日手にとって見ると「これいるかな~?」という気持ちに変わっていました。

そう感じるのは、すでに物から魅力を感じなくなっている証拠。

バサバサと捨てていきました。

 

早く捨ててしまいたいけど、今は捨てていい時期じゃない気がする…

と処分するかどうか悩んでいる思い出の品がありました。

「捨てる」という行為を大げさに考えすぎていたのだと思います。

なくなっても困らない、むしろ見るだけでモヤモヤする

そんな物を捨てるかどうか悩んでいたのが、バカみたいです笑

捨て時が間違ったかどうかは捨ててみないとわからない!

捨てたらもう取り戻せないなら余計に安心して捨てちゃえるじゃん!

と開き直ることができました。

捨てた今は心のわだかまりが精算された気分です。

 

また、過去の自分を部屋中に散りばめる癖(写真など)があったのですが、それもやめました。

今の自分に必要な物に囲まれていたいと思います。

 

思い出の品以外にもコスメを大幅に減らした結果、三段カラーボックスが1つ空になりました!

やっと快適なガラーンさを、部屋に作ることができつつあります。

最近物を増やしすぎていたことにも気がつけました。

次の断捨離ではさらにグッと物の量を減らす予定。

無理せず、自分の直感を信じて「綺麗を維持できる」部屋にしたいです!