わたしの大人女子日記

ぼっち&部活動を極めた10代、おしゃれや人生に悩みつつ歩んでいる20代←今ココ!

嫌なことなんて避けちゃえ! うまく「かわして」楽しく生きる!

Kpopアイドル少女時代の「Gee」という曲を初めて聞いた時

驚きました。

だって一番の歌詞のスタートが

要約すると

「嫌なことなんて全力で回避しちゃえ!いっそやめちゃえ!」

だったから。

 

ええ!?

 

女の子って頑張る姿が可愛いんだし、努力している人は美しいものじゃないの!?

でもこの歌詞は

実は生きていく上ですごく大切なことを教えてくれます。

そう、嫌なことなんて避けていけばいいんです!

そんな「ストレスをかわす生き方」について考えてみました。

f:id:tomoko1217:20170416144932j:plain

1.責任感の強い人、正義感が強い人が幸せになれるとは限らない

努力をすれば必ず報われる

常に自分の信念を曲げない

困っている人には手を差しのべる

 

ずーっとこんな生き方をしている人が「必ず幸せを掴める」と思いますか?

「生き辛さを抱えつつ、幻想のために常に我慢」しているだけではないでしょうか。

 

確かに幸せのためには

努力も、信念も、他者への思いやりも大切です。

「正しい生き方」とはそういうものかもしれません。

 

でも「正しい生き方」よりも

「幸せな生き方」

の方がずっと大切だと思いませんか?

 

幸せな生き方として

ストレスを「かわす」能力は必要不可欠です。

嫌なことなんて、やらなきゃやらないに越したことない!

「かわす生き方」で自分なりの幸せを手に入れることを考えてみましょう。

 

2.嫌な環境をかわす

まず自分の快・不快について敏感になりましょう。

不快な環境は改善できるものは改善して

無理なら逃げちゃう!

 

例えば部屋が散らかっていてイライラしがちなら

自分の幸せな時間のために、エイヤー!と力を振り絞って片付けましょう。

快適な環境を作り維持するのはエネルギーが必要。

でも、不快な環境に居続けるのもエネルギーを消費しますよね?

だったら自分の快適・幸せのためにエネルギーを使ってみませんか?

 

私の好きな言葉に

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」

というものがあります。

部屋を散らかしてしまう自分は、変えられます。

でも、一緒にいるだけで不快な思いになる「他人」は変えられないでしょう。

 

時間にルーズで約束を守らなかったり、いつも自分の話ばかりしたり、人の陰口ばかり話したり、ネガティブな発言ばかりだったり、上から目線だったり…。

 

袖触れ合うも他生の縁

と言いますが

人の縁にだって「賞味期限」があります。

あの頃は一緒にいて楽しかったのに…

そんな友人はいませんか?

 

楽しい時間を楽しくない時間が食いつぶすほどになったら距離を置くのがお互いにベストではないでしょうか。

 

職場で不快に感じる人がいる場合はなるべく雑談は早めに切り上げるようにするのがおすすめです。

「あ、そういえば〇〇しなきゃいけないんでした!」

「もうこんな時間ですね、なんだか話し過ぎちゃいますね笑、仕事しま~す!」

「おしゃべりしすぎる癖を直したいので、今日はこの辺にしておきます!」

など笑顔でサラッいいましょう。

最初は勇気がいるかもしれませんが、真っ向から相手を否定しないことでトラブルを避けられます。

たとえ嫌われても

仕事に影響がない程度に距離があくのは

こちらとしても願ったり叶ったり。

 

嫌な人になるのではなく

「ドライな部分のある人」くらいに思われている方が快適だったりします。

苦手な他人を「矯正」しようとするなんてエネルギーの無駄遣いです。

それよりも、うまくかわして

快適な環境を作るように意識してみましょう!

 

3.自分の中の嫌な感情をかわす

他者への嫉妬や憎しみ、自己否定感から無縁の人はいないでしょう。

でもそれらに

支配される人うまくかわして生きている人がいるのです。

 

まず、ネガティブな感情が湧き上がった時まずはそれを自分で認めましょう。

「あの人ばかり周囲に褒められてずるい!私も頑張ってるのに!」

と思ったら

「ああ、私は嫉妬してるんだ。本当は自分の頑張りも認めてもらいたいんだね」

と、まずはあなたがあなたの感情を認めてあげるのです。

これをするだけで、その感情が暴走するのを防げます。

 

次に

「じゃあ、どうしよっか?私はどうしたいの?」

と自分と対話しましょう。

 

この時、そのマイナスな感情についてこれ以上議論する価値があるのかどうかを、まずは考えたいですね。

冷静に考えると

実は自分が想像以上に現実を悪く捉えすぎていることに気がつくと思います。

 

そんな時は、もう考えるのをやめちゃいましょう!

得るもののないマイナス感情に振り回されるなんて不毛なだけ。

 

「はい、じゃあ解散!」

 

と脳内会議を無理やり終わらせて、

自分の本当にやりたいこと、楽しいことをしましょう。

人がネガティブになる時は手が休んでいる時と相場は決まっています。

何か体を動かして

趣味でも家事でも達成感が得られることをパパっとしちゃう!

もしくは寝ちゃう!

ふて寝の有効性は誰でも知っているはずです笑

 

でももし、自分のネガティブな感情が

自分の幸せのために今考えて答えを出すべき問題

である場合は、より頭を冷静にして考えてみましょう。

ノートに頭で考えていることを書き出してみたり

歩きながら自分の気持ちを言葉にして整理してみるのがおすすめです。

感情ではなく「思考」で解決するのです。

 

そこで問題を洗い出して自分なりの答え

(「もっと積極的に自分の仕事ぶりをアピールしていこう!」など)

を導き出したら、

それは意味のある「ネガティブな感情」であり

「マイナスなだけの感情」ではなかったということです!

 

これであなたは他人に嫉妬するだけの人間ではなく

マイナス感情から自分の成長をさせられる人にランクアップです。

これもまた、一つの「かわし方」です。

 

まとめ

「猪突猛進、正面衝突しか知らない女だ」

と怒られ、笑われていた私ですが

ある日、もっとうまくいく方法がきっと世の中にはあるんだ!と気がつきました。

その一つが「嫌な事柄を上手くかわすこと」でした。

逃げではない、自分のスタイルを確立できる楽しい考え方だと思います。

 

何かに疲れている人

結果が出せずに悩んでいる人

周囲に不満のある人

ぜひ一度お試しください。