読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの大人女子日記

ぼっち&部活動を極めた10代、おしゃれや人生に悩みつつ歩んでいる20代←今ココ!

デジタルデトックスを意識した生活

ライフスタイル 私なりのコミュ術

ネットやSNSとの付き合い方を変えてみたら

心に余裕が出て考え方が変わった

f:id:tomoko1217:20170315140347j:plain

ブログを書きながら言うことではないかもしれないけど

デジタルデトックス

マイルドに取り入れ始めています。

 

1.SNSやネットに依存していた頃

デジタルデトックスとは

スマートホンやパソコン、インターネットから一定期間離れ、過度な依存から脱する試み」。

 

環境の変化から友人との距離もあき、

なんとなく孤独を感じていた私は

SNSやネットに依存していきました

スカイプ掲示板を使い、40時間以上スカイプを繋げたままにしていたこともあるくらい。

2ちゃんねるまとめサイトも、夜通し見て寝不足の日もありました。

 

人に直接相談しにくい悩みを抱えている時、同じように負のオーラがある人とつながってると「私だけじゃないんだ」と思って安心できたんです。

それが前向きな行動に発展すればよかったのですが、

なんだかどんどん気持ちが荒んでいき……。

 

世の中が悪い、周りの人が悪い、アイツが悪い、環境が悪い、私はツイてないだけ……

 

そんな書き込みに

そーだ、そーだ!!!

と思うたびに、前に進もうとする力を失っていました

 

同じ境遇の人だってそれぞれ抱えている問題は千差万別だから、

そこから得られるヒントって実はそんなにないんじゃないかな

 

それどころかみんなしてズルズル不満だけを言ってスッキリしたつもりになって、

自分自身と向き合うことを忘れていく。

 

居心地のいい底なし沼みたいなところだね

ネットって。

もちろん使い方次第だけど。

 

SNS依存のあるあるで、Instagramに載せたいがためにコスメを買ったりしてました。

いいねの数を気にして何度もアプリを開いて、何時に投稿すればいいねが沢山もらえるのか悩んで。

 

今はそういうことがどうでもいい、と思えるようになりました。

知らない人がポチッとボタンを押してくれるかどうかに、それほどお金や時間、思考を持っていかれる必要なんてないんです。

 

2.依存をどうやって減らしたか

アニメのレビューサイトを見ない

デジタルデトックスをやろう、と決めたわけではないけれど、段々と自分の中でネットとの付き合い方がわかってきました。

まず

マイナスな書き込みが沢山あるであろうページにはアクセスしない

ようにしました。

 

好きなアニメのレビューなんかも、気になるけれど見ない。

他人がつまらないと思っていようが、私が楽しめたならそれでいいと思えるようになりました。

原作改悪、作画がクソ、OPが嫌い、またこの声優かよ、声が合ってない、こんなの面白いって言ってるやつはガキ

みたいな書き込みを見るとテンションが下がってしまいます。

 

そんな書き込みを見てもテンションが下がらない鋼のメンタルならばいいと思うけど、私のメンタルでは無理だとようやくわかってきました。

人それぞれ感受性が違って、その違いに凹むことはないと悟ったんです。

ようは面白いかどうかは感受性の違いなのだから、意見を戦わせたいわけではない限り、ネットの感想はアニメを見るという楽しみを半減させてしまうんです。

だからネットの評判は見ないし気にしないようになりました。

 

ゴシップ記事は見ない

元々ワイドショーが好きではなかったのですが、ネットではたまに芸能人のゴシップ記事も見てました。

でもゴシップ記事のあの妙な刺激は、生活に必要なのかなと思いはじめて。

 

ゴシップ話が大好きなおばちゃんとか、いますよね。

あの人達はある意味それをコミュニケーションツールにできているから、それでもいいのかもしれない。

 

私はゴシップ記事見て、

会ってもいない人を嫌いになるだけのタイプです。

テレビに映っている人の私生活が酷かろうが、その人達が私に直接攻撃を仕掛けてくるわけではないんだし。

その人達がやったことが悪いこと・良いことなのか自体、考えるだけ時間の無駄だと思います。

それなら今日の晩ごはんのメインを何にするか悩んだほうが良い1日になる。

 

スカイプをやめた

前は毎日スカイプをしていましたが、もう一年ほど通話していません。

一人暮らしから実家ぐらしに変わったことが大きいのですが、誰でも良いから自分の話を聞いてほしいという欲がなくなりました。

 

他人だからこそ言える優しい言葉に甘えるのは、もうやめようと決めました。

 

自分で自分を立て直せるようになろう、と思ってからむやみに自分の悩みやコンプレックスを話さなくなりました。

昔は自分の足りない部分ばかり数えていたけど、良いところだってちゃんとあると気がついたせいでしょうか。

すると、人と話す時に暗い話ばかりする回数が減りました。

無理して明るく振る舞って、後から落ち込むこともなくなりました。

スカイプは色んな人と繋がれるから、

相手を選んだり切り捨てたりも簡単にできる。

でもそうできない人間関係こそが、

自分を支えてくれるものになるんじゃないかと思います。

 

まとめ

人の視線ばかり気にする性格の私にとって、

ネットやSNSはパラダイスであり地獄です。

自分の考えが間違ってないかネットで確かめて安心する、不安な気持ちになった時はネット上の友達にすがる。

リアルの世界で自分の意見に確信を持ったり悩みを打ち明けられない自分の弱さから、ネットは目を背けさせてくれました。

そこは感謝しています。

でも、もう「依存」という状況からは卒業したいんです。

うまく付き合っていけるよう、これからも私の考えは二転三転するでしょうが前向きに進んでいきます。