読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの大人女子日記

ぼっち&部活動を極めた10代、おしゃれや人生に悩みつつ歩んでいる20代←今ココ!

あなたの人生の敵はクリボーでしかない

嫌な相手はクリボーだと思えば楽になる

嫌な相手をどのように「攻略」するか、マリオ視点で人間関係を考えてみましょう。

 

f:id:tomoko1217:20170217025120j:plain

1.真正面からぶつかっても体力を消費するだけ

マリオとクリボー衝突するように仕組まれています

他人と自分も、そもそも衝突して当然の仕組みの中で生きているのだと考えてみましょう。

クリボーはジャンプをして避ければダメージを負いません

これを人間関係に当てはめてみます。

明らかに敵意むき出しで理屈なしに喧嘩をけしかけてくる相手に、真正面からぶつかる必要はあるのでしょうか?

答えは明確ですよね。

どこにでも「話せば分かる」が通用しない人はいます。

そのような相手は、さらっとかわしましょう。

無駄な衝突を避けるのを「逃げ」とは言いません。

むしろ自分のためにも周りのためにも、嫌な相手をいかに上手くかわせるかを大切にすべきです。

 

2.クリボーと戦うよりゴールを目指そう

ルールの範囲内で裏技(ゲームならアイテムとか)を使っても、自分の目指しているゴールにたどり着けばそれでOKです。

ですから無駄なバトルに勝つことばかりにとらわれず、その先にあるゴールテープを切るために時間と労力を使うように意識してみて下さい。

そうすれば、目の前のクリボーなんて大した存在ではないと気がつくはずです。

そしてクリボーは、ぽんっと踏めば高くジャンプさせてくれます。

罠にはめたり貶めたりしてはいけませんが(体力の無駄遣いだし)、自分を高くジャンプさせるために嫌な人を利用しても良いのです。

実際にクリボーを一つ飛びこえると、少し自信がつきませんか?

逆を言うと、クリボーのように正面からぶつかってくる敵がいないと、つまらなくて手応えもありません。

ゴールまでの道筋を面白くしてくれるスパイスとして相手を捉えてみましょう。

そうすると自然と視野が広がり、相手への憎しみも薄れますよ。

 

まとめ

まじめな人ほど正攻法で攻めて、気力も体力も消耗しがちです。

無駄な衝突を避ける視野を狭くせず自分のゴールを見失わない、この2つで心はずっと楽になります。

真面目にやってるのに損ばかりしている…、そんな人におすすめなのが「相手はクリボー!」と思いこむことです。

今日からできる、楽に生きる工夫です。

ぜひ試してみて下さい。