わたしの大人女子日記

ぼっち&部活動を極めた10代、おしゃれや人生に悩みつつ歩んでいる20代←今ココ!

パーソナルカラー~イエローベース・オータムの私の場合~

パーソナルカラーと上手く付き合うマインドとは?

 

パーソナルカラー、この言葉を聞いたことが無い人は少ないのではないでしょうか。

パーソナルカラーとは自分に似合う色を探すために、大雑把にタイプ分けして目安にするものです。

コスメや洋服を選ぶ時に、自分でどのタイプなのか把握していると決めやすいです。

診断は自分でネットでもできますが、デパートの化粧品売り場などのBAさんにしてもらったほうが正確と言われています。

f:id:tomoko1217:20170126180342j:plain

私はデパートの化粧品売り場で診断してもらったのですが、予想通りイエローベースでオータムでした。

診断の仕方はコンシーラーを手首に塗りどの色が最も血色良く見えるか、という方法でした。

担当してくださったBAさんは、「もしかするとグリーンベースかもしれません」とおしゃっていましたが、結論はイエローベースでした。

 

イエローベース、特にオータムはシックで温かみがある色が似合って、落ち着いた色を着ても地味にならずにむしろゴージャスに見えるのが特徴です。

自分でも自分に合うと思った色がくすんだ色ばかりなのは自覚していたので、診断結果を見た時はやっぱりな、と思いました。

そして、本音を言うと他のパーソナルカラーの人が羨ましくて仕方ない

 

スプリングの人は可愛らしい華やかな色が似合うし、サマーの人は爽やかで明るいのにポップではない女性らしい色が似合う、ウィンターの人はオータムの真逆で濁りのないハッとするような鮮やかな色が似合う…。

 

オータムってアースカラーが代表的で、濁った色しか似合わないじゃん!

ブラウンもカーキもバーガンディもテラコッタも好きだけど…、二ヶ月後の春先にはパステルカラーの洋服を試着しては似合わなくてがっかりする自分が今から目に浮かびます。

元来フリフリ・パステル・ガーリー!への憧れと、似合わないから着ないでおこうという気持ちがごちゃ混ぜになっている私は、オータムだということがコンプレックスでした。

ですが、最近気がつきました。

年齢を重ねればパステルカラーを着こなすのは誰でも難しくなるし、派手派手なおばちゃんになるよりも、落ち着いた色をサラッと老け込まずに着こなせるオータムって得じゃない!?ということに。

段々と普段からシックなメイクをすることも増えて、この秋冬に流行ったココア色リップも自分には合っていました。

 

若々しい鮮やかな色や可愛らしい明るい色が似合わなくても、同世代よりも一足お先に大人なメイクとファッションを楽しめるのだとポジティブに捉えようと思います。

秋冬は「イエローベース・オータム」にとって自分に似合う色を季節感を味方につけて着られる嬉しい時期です。

落ち着いた色を地味にならずに着られて自分の魅力を引き出せるなんて、かっこいい!

他のパーソナルカラーに魅力があるように、オータムもちゃんといいところもあるんだと気がついた24歳の冬でした。