読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの大人女子日記

ぼっち&部活動を極めた10代、おしゃれや人生に悩みつつ歩んでいる20代←今ココ!

毎日が楽しくなる習慣を提案!『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』を読んでみた

早起きで人生が変わる!? しっくりくるような、なんだか信じられないようなお話。 でも読んでみたら納得! 早起きは真似出来なくても、真似したくなる「より良い生き方」のヒントも盛り沢山です。

読書好きな子供への迫害 趣味=読書がコンプレックスだったけど

どんな時も、片手に本を持っていたい そう思えるようになったのは、沢山の本と人との触れ合いのおかげです。 本なんか読んでないで、趣味が読書ってwと「迫害」もあった読書人生。 それでも私は読み続けてきたし、読み続けていたいです。

横座りになって本が選べる図書館~小さな図書館の魅力~

自転車で10分ちょっとの小さな図書館。 スリッパも履かずだらりと座って、一冊づつ手に取る喜び。 この図書館があったからこそ、今でも私は読書を楽しめているのかもしれません。

『やなコトを、どーにかこーにか。』の感想

やなこと、を通して伝えてくれる頼もしいメッセージ。

片付けは生き方のレッスン 『「持ちすぎない」暮らし』を読んで

1.「持ちすぎない」暮らしを目指したい 2.持ちすぎないにはどうすればいいの? 3.持ちすぎない暮らしを手に入れると まとめ

ズボラな私が片づけ本を読み漁って片づけをした

物を片付けられなかった私が、実際に役立った片付けのエッセンスを紹介します。 日常を楽しむために、まずは手元にあるものの片付けてから初めてみてはいかがですか?

提案!図書館おしゃれ術

図書館に行けばおしゃれになれる!? 1.自然と好感度高めのコーディネートに! 2.借りたい本をイメージするとキマる! まとめ

スキンケアのように読書を楽しむ

読書は心のスキンケア。 今の自分と向き合って必要なものを取り入れれば、明日の自分がより良くなる。 電子書籍か紙の本か、選ぶのもまた楽しい。

祖母はターシャ・テューダーのように

ターシャ・テューダーも祖母も、人生の冬をどのように迎えるかを自分の意志で決めている。 人生という大きな渦の中で足掻くしかできない自分にとって、意思というコンパスを持って人生を旅している二人の姿は眩しく見える。

妹「ほんとに片づけたんだ・・・」 きっかけはこの本だった

こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』読んで実践してみました! この本は、ズボラで面倒くさがりの私に地味だけど素敵な変化をもたらしました。

真夏のNHKホールに響いた4人の「ぼくはおまえを愛している」

今から9年前、放送部の甲子園「NHK杯全国高校放送コンテスト」朗読部門決勝で異例の事態が起こった。 なぜこのようなことが起こったのか? ひたむきで美しい言葉は、いつの時代も人の心を揺さぶる。

『朝・夜15分のハッピー時間術』の感想&妄想コーデ

本とお洒落のハイブリッド記事という新しい挑戦です。 こんな人が読んでそう、この本を擬人化したら…、というファッションと本の感想を綴ります。 一冊目は『朝・夜15分のハッピー時間術』です。